« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.28

alphaWorks : AJAX Toolkit Framework : Requirements

リンク: alphaWorks : AJAX Toolkit Framework : Requirements.

覚え書き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.24

賃上げ

ウチの会社も何年かぶりに給与タリフテーブルの改訂を行うらしく関係者がきゅ~きゅ~いっているけど、そんな中面白い記事。

asahi.com:シャープ賃上げ、組合モデルの「35歳」だけ?-?ビジネス.

大手電機メーカー労組でつくる電機連合が「35歳・技能職」の組合員をモデルの一つとして2000円の統一要求を掲げたため、同連合に加盟するシャープ労組も同様の賃上げを要求。経営側は3月15日、労組に「06年4月1日時点で35歳の基幹労働者のみ、500円を加算」と回答、労組も最終的にこれを受け入れた。

なんだかなぁ・・・(c)阿藤快

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

セキュリティ対策

Pマーク取得するプロセスを目の前でみてたのですが(今月書類提出)、そんな関係で気になった記事。

セキュリティ対策はどこまで行えばいいのか - @IT情報マネジメント.

ISMSやプライバシーマークを取得することもセキュリティ対策の一種だが、それらを取得することだけでセキュリティ対策が完了するわけではない。

取得してみようと思って取り組んでみれば分かるが正直辛い。しかしISMSやPマークは確かに最低限のハードルであることも実感できる。

セキュリティ強化によってユーザの利便性が低下することが原因で、ユーザーから一斉反発を受けた。セキュリティが強化されると一般的に利便性は低下する。よってセキュリティを強化する上では、よほどの理由がない限り社内での支持は得られにくい。

セキュリティ対策を施して便利になる話など世の中には無いわけで、施せば絶対的に不便になるのは当たり前の話。諸手を挙げて歓迎する現場など何処にもありません。

経営会議で発表した。必須項目に関してはすぐに承認され、グレー項目に関しても各項目ごとに議論してもらい、いくつかが承認された。こうして経営陣からのお墨付きを得ることで、ユーザーからの反発の問題を解決することができた。

って、これって解決なんですか?単に反発を抑え込むのに経営陣を使っただけなのでは?お墨付きをもらった後に反発の問題へ取り組めるのであって、それは終わりではなく反発問題対策への始まりでしかないはず。

セキュリティ対策の最重要課題は現場が理解し推進することにあり道具やツールはその先。単純に経営陣を使って押さえ込むと結果として推進する際の障碍にしかなりません。現場に運用を求める限り明確な目標と理解が必要なのなのは、何もセキュリティの話だけに限らない。トップダウンで結果オーライなら良いが、セキュリティ対策は明らかに現場にメリットがなく負荷をかける行為なので、現場への啓蒙・理解・協力が必要。でなきゃ運用できません。

と、ここまで書いて気がついたのだけど「プライバシーマーク・ISMSを取得するだけで完了するわけではない。」って書いてあるよね・・・

あの~Pマーク・ISMSが取得出来てたらこの辺の話って済んでるかと。もしや、取得の経験ないのでは?完了するわけではないっていうなら、取得した先の話をしなきゃ駄目じゃん。「完了するわけでない」の一文がなきゃ、まぁ一般的なセキュリティ対策の話だと思うけど、「完了するわけでない」と振っておいてこれでは・・・

続きを読む "セキュリティ対策"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ガンダムですよガンダム

5歳の息子が最近すっかりガンダム君です。義理の妹に普段色々と保育園のお迎えとか手伝ってもらっていて毎日のように我が家に来ているのですが、その妹がSeedから入ってすっからガンダム君になった影響で、我が家は1st,Seed,Seed D,0083等々ガンダム三昧の日々です。

我が家そんな状況ですが、世の中ではお馬鹿な(?)企画が浮上しているらしい。

ROBO-ONE in the Space OFFICIAL SITE.

【ロボットの規格】
二足歩行ロボットで地上歩行可能であること。
10cm×10cm×10cmの立方体に搭載可能であること。
地上からコントロールできること。

ということで、衛星軌道上でROBO-ONEだそうです。提供ムービーはあのサンライズ(笑)。

色々と敷居は高そうですが、是非実現して欲しいもんです。

続きを読む "ガンダムですよガンダム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

日本発の品質体系「SQuBOK」第1版α版,4月28日に公開:ITpro

たまゆら雑記さん経由: 日本発の品質体系「SQuBOK」第1版α版,4月28日に公開:ITpro.

日本科学技術連盟(以下日科技連)と日本品質管理学会は,共同で策定を進めてきたソフトウエア品質体系「SQuBOK(Software Quality Body Of Knowledge)」第1版α版を4月28日に公開する。

入手せねば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.19

ちょっとしたテストを兼ねて

楽々ERDレッスン
楽々ERDレッスン
posted with amazlet on 06.04.19
(株)スターロジック 羽生 章洋
翔泳社 (2006/04/18)

問題は神保町へ行くか、Amazonかってとこかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

痛感

プロジェクトにちゃんと入ったこともないのに、プロマネを語る奴とかいるのよ(w ソースコードも満足に書けないのに設計を語るのよ。経営なんて無縁の癖に、会社を語るのよ

http://d.hatena.ne.jp/habuakihiro/20060417#1145237649

俺のことだな・・・orz

ソースコード書けるようにリハビリ終わるまで設計についてもフレームワークについても語りません、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

校則?

・ノースリーブ、タンクトップ、短いトップスは控えること
・ひざ上5センチ以上のミニスカートは控えること
・素足は控えること

緩めの学校校則じゃないです。我が社のドレスコード(寒)だそうで・・・ 4月になり新入社員および中途入社者が入ったので、改めて回覧とのことで社内のWebに今朝ほど掲載になってました。

なんか涙が出てきます。

続きを読む "校則?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経BP技術賞

Seasar2に見る,日本発ソフトウエアの生きる道:ITpro.

比嘉氏は,電通国際情報サービスで業務システムのためのフレームワーク設計などを手がけてきた。システム・インテグレーションの泥臭い現場をよく知る技術者である。その目線から,新しい概念を現場で使いやすい道具として形にしてきた。それが現場の技術者に支持された理由だ。

はぶさんに同じもの(臭い?)を感じるから気になってはいる。ただしサボっていた影響で技術面が付いていけていないので・・・

背中が完全に見えなくなる前に早く追いつかないといけない。

続きを読む "日経BP技術賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.14

おしごとマジカ

最近気に入っているのがスーターロジックのはぶさんが奨めるおしごとマジカ

業務フローを書くにあたってインタビューとか現場潜入(?)とか紙をかき集めるとかするわけだけど、結局正しいかどうかは現場の人にしか分からない。書いたフローを現場に確認してもらっても、大きな間違いがなければ流されちゃうし・・・

そこで最近はどんな形でもかまわないからと言って、まずは現場のキーマンに仕事の流れを書いてもらって、それを元に潜入調査や証拠集めをしてたのだけど、これがまた進まない上に書き方が分からないといって拒否されるが非常に多かった。

しかし、おしごとマジカがあれば誰でも簡単に自分の仕事の見える化ができてしまうのですが、これには大きな問題があったようです。(私は気がつきませんでしたが・・・)

マジカで楽しく業務分析 発表資料(PDF版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

在庫管理システム

私も朝担当です。2歳と5歳を連れて出るのに毎朝戦争状態です(笑)

PM見習いの読書日記.

でも、朝の送りは自分がやるけど、帰りに何枚くらい持って帰ってきたかをちゃんと伝達しないと、保育所に何枚ストックがあるか、今日何を何枚持って行くかという判断ができない。

これは実は簡単だったりします。持って帰ってくるということは洗濯をするでしょうから、洗濯物を自分で干せば消費された衣類の数が把握できます!我が家は基本的に朝洗濯しているので、干し終わった後に着替えを用意しています。

家事の分担にもなるので一石二鳥(笑)

ゼロ歳児(ですよね?)で着替えが少ないっていうのは・・・ウチの場合ゼロ歳のころが一番着替えが多かった気がします。基本的に布おむつで保育だったというのもありますが・・・

続きを読む "在庫管理システム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.13

「死は生の対極にあるのではなく、我々の生のうちに潜んでいるのだ」

痛感

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発注者にやさしいシステム仕様書?

発注者にやさしいシステム仕様目指し、大同団結 - @IT.

手戻りコストが減らせるし、顧客には早く決めてもらうことができる

「手戻り」ですか・・・だからウォーターフォール屋はみたいな話になるだけなのでは?結局どんなに分かりやすい資料(紙)を作っても、動かないと現場には理解してもらえないという事実をちゃんと認識すべきだと思う。

XP!と声高らかに叫んでいる人たちの意見を聞いてみたい。

続きを読む "発注者にやさしいシステム仕様書?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Java開発の品質と開発標準

これもメモ

Java開発の品質と開発標準

下記事と同じくたまゆら雑記さん経由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参考:受け入れテスト用セキュリティチェックリスト for Webアプリケーション

今後の課題としてのメモ

受け入れテスト用セキュリティチェックリスト for Webアプリケーション.

続きを読む "参考:受け入れテスト用セキュリティチェックリスト for Webアプリケーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »