« 後からテスト | トップページ | Web4.0とは »

2006.05.09

IMEの起動キーでわかるトシの差

IMEの起動キーでわかるトシの差.

  • 比較的若い人:「半角/全角 漢字」キーを押す
  • 比較的若くない人:Altキーを押しながら「半角/全角 漢字」キーを押す

半角/全角でON/OFFしてることもあるしAlt使うときもある、ごちゃごちゃ。基本はONにするときはAltで、OFFの時は半角/全角のみかな。この使い方で一番厄介なのは自宅でUSキーボード使っている時に半角/全角を押そうとして「~」を入力してしまうことがあること(笑)

でもこれってMS-IMEで育ってるか、他のIME(ATOK等)を使ってるかでずいぶん違うと思う。ATOK2006はデフォルトで半角/全角でON/OFF出来るけど、それ以前だと確か自分で変更しないと駄目だったはず。MS-IMEは・・・・知らん(笑)

でもね、WindowsとしてのIMEのON/OFFの基本動作は[Alt]+[半角/全角]。たまたま、MS-IMEが何時のことからか(XPの頃からかなぁ)[半角/全角]だけで起動できるようになっただけ、忘れちゃいけません。

|

« 後からテスト | トップページ | Web4.0とは »

雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IMEの起動キーでわかるトシの差:

« 後からテスト | トップページ | Web4.0とは »