« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.20

Trac 0.10.3日本語版

Trac 0.10.3-jaリリース。
インタアクト株式会社--業務内容--公開資料
インタアクトの中の皆さん、毎回ご苦労様です。.

さて今日の昼休みにでも入れ替えますか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.18

Mylar1.0リリース!

ITS/BTSとEclipseを繋ぐplug-inであるMylarの1.0がデビューしました。

プレスリリース
イメージとか

何かと面倒が多く実装担当者に嫌われがちなITS/BTSが、Eclipseで操作できることによってメリットが増えていけば良いなぁと思うけど・・・・
フルサポートは3.3M2以降で、3.2・3.1がパーシャルってもの気になるけど、日本語の情報って皆無に近いのが最大の難点かも(大汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

Trac 0.10.3 Release

あっ0.10.3が出てる。

日本語対応は来週かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.14

Tracの紹介記事

最近徐々に情報が増えてきてますが

【特集】使ってる? Issue Tracking - trac 楽々ことはじめ (1) パニックプロジェクトを生まないために (MYCOMジャーナル).

も、その一つ。
ただ内容はエグゼクティブサマリーって感じで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後悔先に立たず・・・

この寂れたページのアクセス数を押し上げているマジカですが、

セミナー受付終了しました

というわけで迷ったまま受付が終了してしまいました。

信者としては是非とも参加すべきイベントなのですが、無理をすれば何とかならんことは無かったのですが踏ん切りが付きませんですた。1月のイベントまでお預けです。
今回参加出来ればゆっくり話が出来るかもしれないチャンスだったかと思うと悔やまれます。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AddCommentMacro

Tracのwikiにはコメントを書く機能がありません。

小規模プロジェクトなどの身内感が強いところで使う分にはワシワシとみんなで書き換えてもよいのだけれど、身内感が弱いところだとそうもいかないし、そもそも全員にwiki書き換えの権限あげるのもちっと問題。

そこで登場するのがAddCommentというMacroなのですが、これが今使ってる0.10に対応したモノが出ていない。正確に言うと、らしきものはあるのだけれど動かないというのが現状。でも色々ググってみると、0.9用は動くけど日本語を入力するとエラーが出るとうのを目撃(該当ページ失念)。

TracHackで何やら読んだチケットを参考に修正したところ、0.9用のAddCommentMacroが無事0.10.2で動きますた。多分既に動いている人も多いとは思うけど、ググった限りでは見つからないので私が書いておきます。

38行目を

comment = Markup(unicode(hdf.getValue("args.addcomment", ""), 'utf-8')).unescape()

43行目を

authname = unicode(hdf.getValue("args.authoraddcomment", authname), 'utf-8')

と2行の修正(当然改行なしで書いてね)で、コメント欄と名前の欄に日本語が通るようになります。

ここまで来ると中身も日本語化したくなりますが、文字列変更のみに留まらなくなるので止めた方が無難だと思います。私は実際にやって自爆しました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

Trac 0.10

ここ二ヶ月ほどTracと戯れてます。
日本語化はインタアクトさんがやってくれているので、英語嫌いな人も敷居が低くてよろし。

今はAll-In-Oneもあるし、意外と情報も多かったので面倒だと思った導入もすんなりと出来て、サンプルというか実験的に社内で使ってます。ただAll-In-Oneだと細かくさわろうと思うと触りにくいので、一から構築したほうが結果としては楽だと思います。
このへんとかを参考にすればApacheとかの基本的なことが理解できていれば立ち上がるところまでは行けるはずです。

んで紹介がしたかった訳じゃなくで、ちょっとした恩返しをしたいと思ったので書いてみた。具体的な話は次の記事で・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »