« XMLRPCとフォーム認証 | トップページ | Trac月への要望(おまけ) »

2007.01.29

Trac月への提案

mavenも同梱された0.9.6が出ましたね。手元での動作確認用のTracとしては非常に便利なのは先のエントリに書いたとおり。
「実験目的でのみ利用をお願いします」とインストール後のトップページに書いてあるものの、Trac+SVNの全体的な構造を理解できていれば実運用でも問題はないと思います。

非常に楽ちんなので自分のテスト用の環境はTrac月で構築したわけですが、実運用となると気になる点があり、以下の2点を考慮してもらえると、プロジェクト追加時も同じ環境を構築しやすくなるので便利だと思います。

  • グローバルiniが利用への変更
    0.9から可能になったもので、グローバルiniとしてtrac.iniを雛型として設定をしておけば各プロジェクト単位でのiniの導入時の設定はほぼ不要になります。
    これは trac.ini を %TRAC_PACK_ROOT%\python\share\trac\conf へ移動することにより実現できます。
    個々のプロジェクトのiniファイルがシンプルになるので全体としての管理が非常に楽になります。
    副次的な効果として、プロジェクト作成用のbatでechoで追加している部分が不要となりシンプルになります。
  • プラグインの管理
    プラグインも同様に %TRAC_PACK_ROOT%\PYTHON\Lib\site-packages へ移動させることにより全体適用になります。
    これは複数プロジェクトを管理していくと痛感するのですが、プラグインを更新したり新規のプラグインを入れたりししてると、各プロジェクトへの導入が面倒だったりします。現在trac月でインストールされるプラグインは全体利用されるモノだけですので、trac全体に適用されるように導入した方が便利だと思います。グローバルiniで記述しておけばプロジェクト追加時の個別のtrac.iniへの作業も不要になります。
    可能。また各プロジェクトの適用不適用は個別のtrac.iniで管理もできるので運用が簡単になります。
    これもプロジェクト作成用のbatでプラグインをコピーしている部分が不要になりシンプルになります。

如何なもんでしょうか?

トラックバックが上手く送れてないような記がするので
http://tidus.ultimania.org/diary/?date=20070113
リンク貼っておきます。

|

« XMLRPCとフォーム認証 | トップページ | Trac月への要望(おまけ) »

Trac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Trac月への提案:

« XMLRPCとフォーム認証 | トップページ | Trac月への要望(おまけ) »