« PyDevでTracのPluginを開発環境を作ってみた | トップページ | スーツにTracを見せた場合の理想的な会話(?) »

2007.12.09

CompleteUserPluginをコミットしました。

グダグダ言っていたCompleteUserPluginの0.10へのバックポート版ですが昨夜Shibuya.Tracへコミットしました。基本機能はオリジナルを踏襲しています。DecoratorPluginと同じくパーミションチェックを行う修正をしてあります。

これで非Trac月環境の0.10環境でも、DecoratorPluginとCompleteUserPluginでTrac月の特徴であるカレンダー入力とユーザ名補完が実現できます。しかもカレンダー入力に関してはTrac月とは異なり、必要なカスタムフィールドで使うことが出来るため、DecoratorPluginを利用した環境の方が有利になります。またテンプレートをカスタマイズした環境での利用も容易になっています。

Completeuser_4

導入はeasy_install導入済みの場合は、

 easy_install http://svn.sourceforge.jp/svnroot/shibuya-trac/plugins/completeuserplugin/branches/0.10

で導入できます。

easy_installが無い場合は・・・

 $ svn co http://svn.sourceforge.jp/svnroot/shibuya-trac/plugins/completeuserplugin/branches/0.10
 $ cd trunk
 $ python setup.py install

とかでよろしく。

動作制限としてDecoratorPluginの導入が必須です。Decoratorやカレンダーの機能は使わなくてもOKですが、プラグインとは有効にしておく必要があります。(理由)またpythonのjsonサポートが必要になるので、python-jsonの導入が必要です。pythonのLib/site-packages以下に導入しておいてください。

とりあえずコミットしましたが、Trac月1.4.6を色々確認していたところユーザ名の補完がIDだけじゃなくnameでも出来るようになっていたので、同じ動作をするように改変したものを実地テストを行いコミット予定です。(手元では改変完了、動作確認済み)

|

« PyDevでTracのPluginを開発環境を作ってみた | トップページ | スーツにTracを見せた場合の理想的な会話(?) »

Trac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39935/17320412

この記事へのトラックバック一覧です: CompleteUserPluginをコミットしました。:

« PyDevでTracのPluginを開発環境を作ってみた | トップページ | スーツにTracを見せた場合の理想的な会話(?) »